クラシック節/削り節7パック

680円(税込)
購入数

世界一かたい発酵食品

かつお節には「荒節」と「枯節」の2種類があり、かつおを煮詰めて煙でいぶしただけのものを「荒節」、「荒節」にかつお節菌を発酵させたものを「枯節」と言います。日本にはかつお節の三大産地、焼津(静岡)、指宿(鹿児島)、枕崎(鹿児島)がありますが、取り扱いするのは枕崎市でかつお節製造に真摯に向き合っている金七商店さんです。

クラシック節とは

名前の由来は2つ。
1つ目はクラシック=「昔ながらの製造方法」であること。
2つ目は本枯節を造る作業で「クラシック音楽」を流すこと。

前述した通り、かつお節もカビをつけた発酵食品ですが、このカビ付けが最も重要な作業と言われています。この時発酵するときに、モーツアルトの「クラシック音楽」をかけてカビがかつお節に与える効果の活性化を図っています。

つまみ食いが止まらない美味しさ

冷奴やお浸しなどお料理にそのままかけて使うのに便利です。
1口つまみ食いすると、パァ〜〜とかつおのうま味が口の中に広がり、気づくともう1口、そしてさらに1口とつまみ食いが止まりませんので、要注意です。

贈り物にもおすすめ

クラシックを聴いて作られた「クラシック節」。
7パックセットは音符がデザインされたかわいいパッケージになっていますので、プレゼントにもおすすめです。

原材料
かつおの枯れ節(枕崎製造)(3g×7袋)
保管の際のポイント
直射日光及び高温になる場所を避けて保存してください。
賞味期限
2021年1月

商品の関連記事はこちら

日々のはなし

【鹿児島旅02】クラシック節に逢いに。

鰹節は世界一硬い発酵食品 鰹節の日本三大産地である、鹿児島県枕崎市に行ってきました。(鰹節三大産地……